1階の部屋は避けたほうが無難!

女性が一人暮らしをする部屋を選ぶときは、安全面の確認を怠らないことが大切です。実際に危ない目に遭ってからでは遅いためです。賃貸物件の中には、女性の一人暮らしを想定してセキュリティ対策に力を入れた物件もあるため、そのような物件を優先的に探すといいでしょう。一般的な賃貸物件の中から、新居選びをする時の注意点として、2階以上の部屋を選ぶということがあります。1階の部屋の場合は、女性の一人暮らしだと分かった時、ベランダなどから部屋の中に不審者が侵入する恐れがあります。また洗濯物を外干しした時に、変質者に下着などを盗まれてしまう可能性があるためです。女性の部屋が2階以上の場合、それだけで不審者や変質者の心のハードルが上がり、よこしまなことを考えても実行しにくくなります。

女性だと特定できないようカモフラージュしよう!

2階以上の部屋に住んだ場合でも、女性の一人暮らしということを、周囲に知られないほうがいいでしょう。そのため女性が一人で住んでいる雰囲気を出さないように注意します。例えば、下着類を外干ししないということも大切です。また衣服を外干しする時は、男性ものの下着も一緒に干すなど、カモフラージュをする方法があります。変質者が洗濯物を見た時に、真っ先に男性の下着が目に入れば、狙われる可能性がかなり低くなるはずです。表札を出すときは、女性と判別しやすい名前を出さず、苗字のみにする。手書き文字の場合は、男性に頼んで書いてもらうとカモフラージュしやすいです。また予算が許されるなら、オートロック付きの部屋に住むと安心して暮らせるかもしれません。